TOPコミュニティ > 効果を期待する携帯ジャマー

コミュニティ

効果を期待する携帯ジャマー

NO IMAGE
: eitoe | : 0 | : 2017/8/7 16:28

抑止装置の原理は機種により多少の差異はあるが、携帯電話が受信する基地局電波と同一の周波数の干渉波を発生することで、意図的に干渉を与え、端末側が復調を阻害され、通信不能となることを原理としている。携帯電話やPHSの電波を遮断するジャマー は「実験試験用無線局」として免許されるようになり、すでに映画館やコンサートホール、大学などの受験会場、病院などで利用されている。

携帯電話の使用が、まわりの人に迷惑をかけることも少なくありません。コンサートホール、結婚式場等においては営業妨害になることもあります。ういう人がいる以上、劇場、駅の判断で圏外にするのは合理的な判断なのではないか」と“実力行使”に一定の理解を示している。 無線接続に障害が発生した場合には携帯ジャマー を離していき、再び接続が可能となった距離を最大干渉距離とした。

超強力携帯電話ジャマー

妨害電波でつながりにくくする機械ですので、あくまでも基地局の例外として見ております。ホールのように密閉の度合いが高ければ、妨害電波は外に出ない。その限定された特別な時間にのみ効果を発揮させることができる。通信手段を遮断することに効果を期待するのでしょう。文化ホールや病院などで広く使用されているGPS妨害機 だそうです。この種の機械は正式に定まった名称はないそうで、また、様々な種類があるようです。

通話を妨害してはならんと言うのだそうです。コンサート・ホールでもホール内は遮断しても、ロビーは遮断する目的とは異なるので、通話可能としなくてはならない。そのエリア内の携帯電話が基地局と通信できないようにします。劇場とはいえ,ゆったりと音楽に聞き入る空間を維持するのは難しくなっているようです。wifi ジャマー は携帯電話が普及すればするほど必要度が高まる機器と言えそうです。すでに実用化しているものが実験局として認可されているというのです。

ページの先頭に戻る